小顔補正立体カット

「小顔補正立体カット」とは

西洋人の立体的な骨格をつくり、より似合わせ・小顔を作り出すまったく新しいカット技法です。

骨格の形がきれいな西洋人は、自分でカットしてもカッコよく見えます。なぜなら、骨格矯正の必要がないからです。骨格がきれいに見えると、どのようなデザインでも素敵に見えます。しかし、日本人の平面的な骨格の場合、ただカットするだけでヘアスタイルが似合うかと言えば、少し疑問が残リます。西洋人のようなヘアスタイルを日本人に似合わせるためには、なによりも骨格矯正カットが大切です。

小顔補正立体カットは、ブロックごとにレイヤーまたはグラデーションをアンダーから順番に乗せていく感覚でフォルムを作り上げていくカット技法です。レザーも削ぎも入れず、軽い質感に仕上がります。

タイト&ボリュームの組み合わせで、東洋人の平坦な骨格を西洋人のような骨格に近づけることができます。平面的な骨格を立体的な小顔に見せ、鼻を高く引き締まった顔立ちに。そして日本人に多い絶壁といわれる平面的な後頭部に出っ張りを持たせて、耳の後ろとぼんのくぼ(うなじ中央のくびれた部分)の下、バックサイドをタイトに引き締めます。

骨格をきれいに見せることで、頭が小さく首が長く見え、全身のバランスがよくなります。また、顔の形に悩まれている方にも有効です。そして、削がずに髪が軽くなるので、髪が傷まずにバサバサしないキレイな質感に仕上がります。

最近の傾向として「レイヤーはあまり入れずに表面の長さを残したい」、「見た目のボリューム感は欲しいけれど、量感は少なく軽さがほしい」といった難しいオーダーをされる方が多いので、ボリュームを求めるところにのみ髪を重ねるといったこの技法は大変有効です。

日本のカット技術は高レベル

着物を着ていた日本人が洋服に着替えて、まだ100年ほどです。その時、ヘアスタイルも日本髪から洋髪に変わりました。 西洋人に比べ、日本人の骨格・体型は食文化により、顔の幅・奥行きがまったく違います。そう、頭蓋骨が見事に違います。

日本人の平面的な骨格に洋服が合うかといえば疑問です。 悔しいですが、洋服を着る毎日では、西洋人の骨格に見えるようにカット技術で矯正しなければなりません。 だから、日本のカット技術はおのずと高レベルとなります。

小顔補正立体カットでカットをすると

●広がるデザインの幅
各セクションの角度と長さを変えることで、長さとボリュームの調整が可能になり、今まで不可能だったデザインが可能になります。
●小顔効果
ボリュームダウンさせる位置、ボリュームアップさせる位置が自由自在にできるため、小顔に見せることができます。
3キロ痩せて見える効果もあります。
●似合うスタイルのレパートリーが増える
骨格矯正により、頭の形に悩んでいる方に限らず、そうでない方も立体的なフェイスラインに見えます。
●ナチュラルな仕上がり
軽くて肌に溶け込む質感に仕上がります。
●髪を削がないので、髪にやさしい
削ぎを入れないので髪が傷みません。
●スタイルが長持ち
髪がたまる部分を見極めて隙間を作っているため、カットラインの崩れが遅くなります。
●手入れが簡単
乾かすだけ、もしくはスタイリング剤を塗布するだけで簡単にセットできます。
●パーマがキレイにかかる
束感でカールが出るので、ゆるく優しいパーマでも強めのパーマでも違和感なくキレイなラインになります。
●クセ毛を活かせる
クセ毛を活かしたへアスタイルが作りやすくなります。
●髪が伸ばしやすい
髪を伸ばす過程で悩むうっとおしさ、手入れのしにくさがありません。

など、様々な特徴・効果があります。

小顔補正立体カットの不思議

なぜ「小顔補正立体カット」は、小顔の効果があるのですか?
骨格がキレイな西洋人は自分でカットしてもかっこよく見えます。 なぜなら、骨格矯正の必要がないからです。「小顔補正立体カット」は頭の部分ごとに切り分けていくカット技法です。 タイト&ボリュームの組み合わせで、日本人に多い絶壁・はち張りという平面的な骨格を立体的に見せることで、全身のバランスが良くなるからです。
なぜ「小顔補正立体カット」は、髪にやさしいのですか?
「小顔補正立体カット」は、専用ミスト(プットオンマジック)と専用シザーを使い、髪をなめらかに、はさみを滑らすように丁寧に余分な髪を切り落としていきます。 レザーも使用せず、セニング(すきばさみ)の使用も最小限に抑えるため、まとまりよく軽い質感に仕上がります。

小顔補正立体カットはココが違う!

① 使用している『シザー』が違う!

「小顔補正立体カット」は専用シザーを使用してカットを行います。 「小顔補正立体カット」は今までになく斬新であり、しかも繊細なカット技法です。 シザーによる技術の誤差をなくし、完成度を上げる事を第一目的に専用シザーは開発されました。 このシザーの特徴は、従来のスライドカットとは異なり、ダメージがなく、髪が思う方向に自由に動かせる「SWING CUT」(スイングカット)を実現できる点にあります。

  • 6.0インチシザーに6.3インチシザーの刃をセット。刃の仕事量を上げています。
  • ハンドルの足の長さを短くすることで、小さい作動量で刃を大きく開く事ができます。
  • 刃の厚みを薄くすることにより、鋭角に切れるため、良い切れ味が長く続きます。
  • 刃、ボディ共にスリムにすることで、細かい仕事も正確にこなすことができます。
  • スタイリッシュでシンプルなデザイン。

小顔補正立体カット独特のフォルムや質感、そして髪がゆらぎ動く生き生きとした自由なデザインを100%完成させるための必須アイテムです。

② 使用している『カットローション』が違う!

レザーカットで表面を削いだり、セニングカットで間引いたりと、実は美容室でカットをすればするほど髪は傷んでいきます。 「小顔補正立体カット」は専用カットローション『プットオンマジック』で髪に栄養を浸透させ、柔らかいバターを切るよう優しくカットします。

  • キレート作用を持つ注目成分『フルボ酸』を配合
  • 強い安定的な酸化還元力を実現
  • 髪に吸湿・保湿・光沢感を与える成分を配合
  • 12種類もの植物エキス配合

小顔補正立体カットのヘアスタイルをより長持ちさせる為に、毎日お家でのヘアケアとして使用される事をオススメします。 また、お顔にも毎日シュッとつける事で小顔効果もアップします。
それは、最高級基礎化粧品でカットをする贅沢さ…。 「小さなお顔のための生ミスト」として販売中。

プットオンマジック
300ml ¥4,500(完全受注生産)

③『認定スタイリスト』としての資格を持っています!

「小顔補正立体カット」を提供するスタイリスト達は、日本小顔補正立体カット協会の運営するカットスクール『SBCアカデミー』により、 長時間にわたる技術レッスンや理論講習、厳しい認定テスト等を終えて、骨格をより立体的・小顔に見せるカット技法「スイングカット」を習得しています。 誰もが簡単に習得できる訳ではなく、しっかりとしたベーシックカットの基礎があり、セニングカットやドライカット等、 様々なカット技法をマスターし経験を積んできたスタイリストだからこそ扱えるカット技法なのです。

このページのトップへ